【NHK朝ドラ「おかえりモネ」】永瀬廉(及川亮)と今田美桜(神野マリアンナ莉子)との共演はある?

「おかえりモネ」の放映日程やキャストの発表があり、SNSでは放送を心待ちにしている方が増えてきています。

及川亮を演じる永瀬廉さんと神野マリアンナ莉子を演じる今田美桜さんの共演があるのか?調査いたしました!

もくじ

1. おかえりモネ・及川亮(永瀬廉)と神野(じんの)マリアンナ莉子(今田美桜)の共演の可能性は?

及川亮(永瀬廉)は宮城県の気仙沼編で出演します。
一方、神野マリアンナ莉子(今田美桜)は東京編です。

地理的なものでいうと、共演の可能性は低いように思います。

しかし、ドラマはどこで、何が始まるかわかりません。

百音と及川亮(永瀬廉)は幼馴染なので、百音が東京に行ったときに、突然という形で出会うかもしれません。

どんなドラマが繰り広げられるか、楽しみですね。

正確なところは、「おかえりモネ」放送前なので、まったく情報が出てきませんでした。

NHK朝ドラ「おかえりモネ」の放送は2021年5月17日からなので、これからの展開を想像するのも楽しみの1つですね!

2. おかえりモネとは?

おかえりモネのストーリー

主人公である永浦百音は、宮城県気仙沼湾沖の自然豊かな島で、両親・祖父・妹と暮らしていた。

高校を卒業すると同時に気仙沼を離れ、登米市へ移り住む。

登米では、祖父龍己の友人である新田サヤカの家に下宿しながら、

林業や山林ガイドの見習いの仕事をはじめる。

ある日、東京からお天気キャスター・人気気象予報士が登米を訪れる。

人気気象予報士と山の中を歩いているとき、

「天気予報は未来を予測できる世界」と教えられ、百音は深く感銘を受ける。

気象予報士に関心を持ち始める。

しかし、合格率5%の気象予報士の試験に合格できない。

登米の地域の人々のサポートもあり、何とか合格した。

その後、東京の気象予報会社に就職し、働くことになる。

働き始めた気象予報会社で気象予報は、漁業、農業、小売業、インフラ、スポーツ、個人などさまざまな分野で活用されていることを知る。

天気で人生が大きく変わるということを痛感。

先輩や同僚に鍛えられながら、失敗と成功を繰り返し、百音は気象予報士として成長してゆく。

2019年、台風が全国の町を直撃し、気象予報が故郷の役に立てないかと思い、百音は気仙沼へと向かう。

おかえりモネのキャスト

主人公・ヒロイン

永浦百音(ながうらももね)・清原果耶

1995年生まれ。
中学時代はアルトサックスに打ちこむ。
高校卒業後、実家を離れ、登米市の森林組合で働く。
森林組合で働いているとき、天気予報に魅力を感じ、次第に気象予報士になりたいと思うようになる。

気仙沼の人々

永浦耕治(ながうらこうじ)・内野聖陽

実家の漁業を継がず、地元の銀行に勤める百音の父。
トランペット奏者で、百音が音楽と出会うきっかけをつくる。

永浦亜哉子(ながうらあやこ)・鈴木京香

百音の母。
耕治と結婚後は、島の人々の明るさと温かさにほれ込み、移り住む。
登米市で働く、百音を陰から応援する存在。

永浦未知(ながうらみち)・蒔田彩珠(まきたあじゅ)

百音の2歳年下の妹。
堅実で、勉強好きで、しっかり者。
しかし、一方で不器用で意地っ張りな一面もある。
百音と性格は全く違うが、姉妹の仲は良い。

永浦龍己(ながうらたつみ)・藤竜也

百音の祖父。
実直で海をこよなく愛する、牡蠣かき養殖の名人。手間暇を惜しまない牡蠣づくりで、遠方から注文するファンも多い。
寡黙で頑固だが心優しい。
百音未知に、海や森の豊かさを伝える。

永浦雅代(ながうらまさよ)・竹下景子

語り。
百音の祖母。龍己
の妻、故人である。
病気で他界し、百音たちを見守りつづけている。

及川亮(おいかわりょう)・永瀬廉

百音とは幼馴染の同級生。
高校卒業後、すぐに漁師見習いとして漁船に乗り始める。
運動神経がよく、気配り上手なため、よくモテる。
父との関係に悩んでいる一面もある。

野村明日美(のむらあすみ)・恒松祐里

百音の同級生。
保育園から百音といつも一緒の、一番の幼なじみ。
明るく、おしゃべりな性格。
及川亮に片思い中。

■野村明日美(のむらあすみ)・恒松祐里の「エロほくろ」をチェック!

後藤三生(ごとうみつお)・前田航基

百音の同級生。
島で1000年続くお寺の息子。明るく、人懐っこい性格。同級生のムードメーカーでもある。
仏教の大学に進学するが、僧侶が務まるかどうか悩むことになる。

早坂悠人(はやさかゆうと)・髙田彪我(たかだひょうが)

百音の同級生。
しっかり者でおとなしい性格。
電車オタク、「撮り鉄」である。

及川新次(おいかわしんじ)・浅野忠信

亮の父。
以前は気仙沼で右に出る者はいないと言われたカリスマ的漁師だった。
百音の父・耕治とは親友である。

東日本大震災で自分の船を失ってからというもの、立ち直れずにいる。

登米(とめ)市の人々

新田サヤカ(にったさやか)・夏木マリ

登米の山主・登米の資産家。
あだ名は”姫”。
カフェ、診療所を経営している。
登米にやってきた百音を下宿させている。

佐々木翔洋(ささきしょうよう)・浜野謙太

森林組合の課長。
百音に森林セラピーなど林業とはなに?イロハなど教える

川久保博史(かわくぼひろし)・でんでん

森林組合の古参職員。
木に関する豊富な知識と経験があり、定年後も嘱託として森林組合に勤めている。
石ノ森章太郎の大ファン。話し出すと止まらなくなる。

よねま診療所

菅波光太朗(すがなみこうたろう)・坂口健太郎

新田サヤカが経営する診療所の医師。
東京の大学病院から1週おきに登米の診療所へやってくる。
見た目ドライで、不愛想に見える?

中村信弘(なかむらのぶひろ)・平山祐介

菅波の研修医時代の指導医。
菅波と同じく、1週おきに東京から診療所へやってくる。
明るく豪快な性格。
菅波とは真逆で、地域医療の発展を目指し、精力的に活動している。

東京の人々

朝岡覚(あさおかさとる)・西島秀俊

テレビで有名な気象キャスター。
百音に「気象予報は未来を予測できる世界なのだ」ということを教える。

神野マリアンナ莉子(じんのまりあんなりこ)・今田美桜

朝の報道番組で、中継コーナーを担当する若手予報士。
にこやかな表情をするが、心の中では、「報道キャスターになりたい」という野望を秘めている。

内田衛(うちだまもる)・清水尋也(しみずひろや)

気象予報会社の社員で、百音の先輩。
一番年齢が近い。
気象予報士試験に一発で合格。
気象予報データを読み解くことにたけている。

野坂碧(のさかみどり)・森田望智(もりたみさと)

気象予報会社の社員。
仕事のさばきも早く、頼もしい先輩。
交通機関や道路関係者への気象情報提供を担当している。

登米の山林にフィールドワークに訪れたことがきっかけで、百音と出会う。

安西和将(あんざいかずまさ)・井上順

気象予報会社の社長。
ひょうひょうとつかみどころのない人物。

高村沙都子(たかむらさとこ)・高岡早紀

テレビ局内の社会部気象班の制作進行を束ねるデスクで、報道番組の責任者。
正確な情報を厳選して慎重に伝える、という報道スタンスに強いこだわりがある。

沢渡公平(さわたりこうへい)・玉置玲央(たまおきれお)

テレビ局社会部の記者。記者としての腕はいい。
気象庁担当であるため、気象班をちょくちょく訪れては情報交換をしてゆく。

井上菜津(いのうえなつ)・マイコ

シェアハウスの大家。
祖父母がやっていた古い銭湯をリノベーション。
銭湯にはある秘密が隠されている?

鮫島祐希(さめじまゆうき)・菅原小春(すがわらこはる)

車いすマラソンの選手。
競技日の気象情報や自身のコンディショニングなどのサポートを求めて、気象予報会社を訪れる。

3. まとめ

及川亮(永瀬廉)と神野マリアンナ莉子(今田美桜)の共演があるかどうか、調査いたしました。

NHK朝ドラ「おかえりモネ」は、とても注目されています。

豪華で個性豊かなキャストなのでどのようなストーリー展開になるのか、

どんな演技を見せて頂けるのか、放送開始を楽しみにしています。

SNSで話題になっているように、

及川亮(永瀬廉)と神野マリアンナ莉子(今田美桜)の共演があるといいな、

密かな願いですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

■永浦未知(蒔田彩珠)をチェック!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

やってみたアプリなどをひたすらまとめていきます。

コメント

コメントする

もくじ
閉じる