ディズニーに新たな転売ヤー!どのグッズが狙われた?ベビーカーにフェイク赤ちゃん!?

4月7日に新しく発売されたディズニー限定のグッズに早くも転売ヤーの魔の手が襲いかかって来ています。

ディズニー運営側もこの転売ヤー問題には手を焼いており毎年様々な策を講じているようですが、転売ヤー側も対策をしてきています。

今回はそんな転売ヤーが行なった『転売対策に対する対策』と狙われた商品がなんだったのかを紹介、解説していきます。

くま

どんな行動をとったのでしょうか…!

もくじ

東京ディズニーに新たな転売ヤー問題!

東京ディズニーランド/東京ディズニーシーに新たな転売ヤー問題が発生しています。

以前からディズニー限定商品の転売は問題視されており、ディズニー側も対応を行なってはいたようです。

購入希望者全員に商品が渡るよう「来場者1人1点まで」という制限を設け、一人で複数の商品を購入することを禁止しました。そこで転売ヤーがとった行動が、

フェイク赤ちゃん

です。

主に中国人の転売ヤーが本物そっくりな赤ちゃん人形(リボーンドール)を大量にベビーカーに乗せて「〇十人分買わせろ」と主張しますが、店員に人形だと指摘されると、近くにいた日本人児童の手を引っ張り「自分の子だ」と主張したということです。

これにより誘拐未遂として事件が成立。警察が出動する事態となりました。

くま

まさか夢の国に警察官が出動することになるとは、
ほかの利用客にも迷惑極まりないですね…

ディズニー転売ヤーに狙われたグッズはなに?

くま

転売ヤーに狙われたグッズは何なのでしょうか!
悪質な転売ヤーから購入しないためにもチェックしておきましょう!

ダッフィー&フレンズの『ビューティフル・レイニーデイズ』

・発売日:2022年4月7日
・定価 :5000円
・販売店舗
東京ディズニーシー:マクダックス・デパートメント/アーント・ペグズ・ヴィレッジストア/ガッレリーア・ディズニー

ダッフィーとその仲間たちが雨の日にレインコートを着て外に遊びに行く様子をイメージして作られたダッフィー&フレンズのぬいぐるみグッズです。

定価はメインのぬいぐるみが5000円、バッジが2200円、ストラップが2000円です。

転売価格はぬいぐるみが7000〜円、バッジが4000〜円、ストラップが3500〜円となっています。

ぬいぐるみは大体+2000円、その他のグッズは2倍近くの値段が付けられています。

くま

大量購入したためかセット販売をしている転売ヤーも多く、
4体全てのぬいぐるみセットを25000円で販売しているものも見られました!

ピザデザイン カチューシャ

発売日:2022年4月7日
定価 :1900円
・販売店舗
東京ディズニーランド:グランドエンポーリアム/タウンセンターファッション
東京ディズニーシー:エンポーリオ/フィガロズ・クロージアー

耳部分にピーマン、マッシュルーム、オリーブ、トマト、オニオンがトッピングされたカラフルなピザのカチューシャです。

カチューシャの前面のピザトッピングはプリントではなく、それぞれのモチーフがしっかり縫い付けられています。

定価は1900円転売価格は2500〜円となっています。

メルカリで販売する場合、定価1900円、送料175円、手数料(定価と送料の合計の10%)207円となり合計金額は2282円が利益の出る最低価格になります。

くま

転売ヤーの利益はカチューシャ一つあたり300円ほどという計算になります。

ディズニーの新しい転売ヤーに対するSNSの声

最近の東京ディズニーリゾートは一時期のコミケを見ている様で大変見苦しい。
ルールを守らない人が増えて、転売や徹夜が横行する様になってきて、果ては揉めて警察沙汰とか本当にリゾート施設なの??
モノ売るってレベルじゃねぇぞ!?

昨日までユニバにいたけど、一部乗り物では
「指示に従わなければパークから退場していただきます。」
ってアナウンスしてて強気を感じたけど、
ディズニーも転売やらルール違反にはもう少し強気に出た方がいいと思う。

例えば、一生出禁にするとか即退場(もちろん返金なし)させるとか、なんかしらの方法で脅かさなきゃ(言い方悪いけど)
正直今、転売ヤーとかにめちゃなめられてると思う。
このままずーっと変わらず注意喚起するだけだと本当にディズニーを楽しみに来る人どんどん少なくなっていくと思うよ。

SNSでも転売ヤーに対する批判的なコメントや、ディズニー運営側にもう少し強気な姿勢をとってもらいたいといったコメントも目立ちました。

くま

今後ディズニー運営がどのような対策をするのでしょうか

ディズニー転売ヤーのまとめ

ディズニーの転売ヤーに狙われた商品は『ダッフィー&フレンズ ビューティフルレイニーデイズ』と『ピザカチューシャ』であることが分かりました。

転売による問題は今回のディズニー転売ヤーに限ったことではありません。

こういった問題を野放しにするのは、本当にグッズが欲しい人の手に渡らず、ブランドイメージにも傷をつけることにも繋がります。

ディズニー運営はこれらの転売問題にどのような対策を打ち出すのか、注目したいところです。

くま

早急な対策と解決に向かうことを願うばかりですね…

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる