【M-1グランプリ】錦鯉よりオズワルドやインディアンスの方が面白かったという声?なぜ決勝で優勝できた?

2021年12月19日、『M-1グランプリ』の決勝が開催され見事お笑いコンビ「錦鯉」が優勝を収めました。

世間の大多数はお祝いムードとなっていますが、一部のお笑いファンからは錦鯉の優勝に不満や疑問の声が上がっているようです。

なぜ錦鯉の優勝にこのような意見が挙げられているのでしょうか、その理由を調査しました。

もくじ

錦鯉のM-1グランプリ優勝に対するSNSの反応

最近お笑い見てなかったから、錦鯉知らなかったんだけど、
ネタ的には錦鯉よりオズワルドやインディアンズの方が面白かった気がした。

確かに批判だけど優勝したら全員に言ってるとかではほんとに無い。
インディアンスの1回戦のネタめっちゃ面白かったしロングコートダディとかジェシカとか明らかに錦鯉より上回ってたでしょ…M1来年から1個も期待できない

Twitterのトレンドみても、明らかに錦鯉よりインディアンスとオズワルドの2強だったのに…。結果これよ。

これらの意見が上がるのには何か理由がありそうです。その理由の主となっているものを調べていきましょう。

錦鯉のM-1グランプリ優勝批判の理由は?

Twitterのトレンドを見ても錦鯉の優勝に関するツイート以上にオズワルドやインディアンスのツイートが多く見られ、トレンド上位に入っています。

なぜこういった意見が多く見られるのでしょうか。

原因のひとつとして有力なのはオズワルドの一本目のネタが非常にウケていたことが挙げられます。

このネタでオズワルドは1位通過を果たし、SNS上でも優勝はオズワルドなのではというムードが流れていました。

しかし、二本目のネタは順番的に錦鯉の後。テンションの高い錦鯉の漫才の後だとどうしてもオズワルドのネタが霞んでしまったようです。

これに納得のいかない視聴者からは順番の影響で優勝を逃したのではないかという意見が挙がっているとのことです。

しかし、錦鯉が面白くなかった訳ではありません

ツッコミの間や伏線回収のためにボケを泳がせる技術が非常に高く、お笑いファンからも間のとり方や伏線回収が凄すぎるとのコメントが寄せられました。

それぞれのコンビのお笑い技術が高いレベルで拮抗していたからこそ今回の賛否両論があったのではないでしょうか。

錦鯉M-1グランプリ優勝SNSユーザーの意見

オズワルドはタイプ的に錦鯉の後か先かで変わってしまう感じだったな。ファーストラウンドは爆発待ちで尚且つ錦鯉より先だったからベストコンディションでやれた。だけどそれで1位通過した事によって3番目で錦鯉の後になってしまったから思いっきり影響を受けた。巡り合わせって面白いよね。

錦鯉の優勝について、あの歳で優勝する人がいた方が芸人に夢を与えられてM-1の価値が上がるからなのか、それとも審査員は下積みの苦労が解るから「優勝して欲しいコンビ」を最後に選ぶとなると錦鯉になるのか(錦鯉より大分年上の巨人師匠と上沼さんは若手を推してたし)、納得はいかないなぁ。。。

オズワルド、M-1グランプリ2019ではミルクボーイの後の出番でミルクボーイが優勝して、M-1グランプリ2020ではマヂカルラブリーの後の出番でマヂカルラブリーが優勝して、M-1グランプリ2021では錦鯉の後の出番で錦鯉が優勝…オズワルドのM-1順番ジンクス(ほぼ呪い)は続くんだろうな…

オズワルドの負けジンクスや決勝のネタ見せ順に悲しむ声がみられました。

優勝が自分の応援していたコンビではなかったことへの落胆ツイートもちらほらと見かけました。

錦鯉M-1グランプリ優勝のまとめ

賛否両論の結果となった今回のM-1グランプリですが、この結果が全てではなくオズワルドやインディアンスにも仕事が増えていくことは容易に想像できるでしょう。

3年連続で出場している実力は本物です。

また、それらのコンビと肩を並べ優勝した錦鯉も高い技術を持っていることは間違いありません。

錦鯉をはじめ、これからの3組の活躍に是非とも期待せずにはいられません。

今後のメディア出演にも目が離せませんね。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる