声優岡田准一の声が小さい、下手と話題に!プロ声優と俳優声優の違いも調査。【ゲド戦記アレン感想】

ゲド戦記でアレンの声優を担当した岡田准一さんの声優の演技が下手と話題になっています。

岡田准一さんは俳優として大活躍されているので、声優が下手という話題があることに疑問を感じました。

そこで、岡田准一さんの声優の演技力にフォーカスして調査いたします。

もくじ

岡田准一のプロフィール

名前:岡田准一(おかだじゅんいち)

生年月日:1980年11月18日

出身:大阪府枚方市

所属:ジャニーズ(2021年4月12日現在)

グループ:V6⇒V6は2021年11月1日に解散

岡田准一のプロフィール

岡田准一ゲド戦記アレン役の声優の演技が下手と話題に?

4月9日「ゲド戦記」が日本テレビで放送されました。

視聴者の感想の多くは、

「本当に何喋ってるかわからん」

アレンの声が小さくて、話の中に入ることができなかった。

多くの視聴者の感想でした。

プロ声優と俳優声優の違いとは?

俳優が行う声優と声優が行うプロの声優の視聴者の感じ方として、
声量があるかないか、ここに一番の違い、違和感を感じるようです。

また、音を伸ばす、長音があるかどうか
アニメを楽しく見るために求めていることがわかりました。

また、俳優と声優は、人に言葉を伝えるという共通の表現者ですが、声そのものの出し方が違うことが、声を受け取る視聴者が声の違いとして感じているのかもしれません。


視聴者が感じるプロ声優と俳優声優の違い(SNSの声)
  • 実写とアニメは違う。なんか実写になると世界観が変わってしまう
  • 声優さんと俳優さんの一番の違いは、声の「焦点距離」が違うところ。
  • ドラマCDの声優さんの方だと「えーち」って伸ばして呼ばれてて、舞台だと「えいち」って呼ばれてるんですね。声優さんは長音伸ばすけど舞台俳優さんだと伸ばさないんですかね
  • 身体表現を通して人々に感動を与える 役者や俳優とは違い、 基本的に声優は自分の「声」 だけを使って感情を表さなくてはなりません。

まとめ

ゲド戦記アレン役を担当した岡田准一さんの声優の演技を中心にまとめました。

岡田准一さんの声優の演技は下手という声もありますが、
もちろん、岡田准一さんの声優の演技が上手い!という評価もあります。

しかし、

岡田准一さんが演じたアレンの演技が上手いという感想以上に、
アレンの声は小さかった。

ドラマや映画の体(身体表現)と声で見せる俳優の声の出し方と声だけで見せるアニメ、

ゲド戦記アレン役のときは、声で演じるために声量を抑えていたのかもしれません。

SNSではアニメの作品はやはりプロの声優にやってほしい意見がありました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる